2012年04月28日

TAITANIC 3D

念願叶ってのタイタニック鑑賞です。

大成功の興行成績を収めたタイタニックですが
私この映画の公開当時『おっぱい飲んでねんねしてぇ〜』と
子育て真っ盛りの時でした。

当時を振り返るとパソコン相手にまだSNSなんて無い頃
子供を膝の上に乗せたままチャットや掲示板遊びに
夢中になって居たなと思い出しました。

時は経ちタイタニックの事を思い起こすのは
子供が小学生に成ってから。

転勤先で住まう事に成ったマンションに
同じ年頃の子が居て、その子がローズとジャックの
船主でのポージングを何度も何度もパロってました。

なんでもお母さんが大ファンだとかで。

この後子供がケーブルで流れる
ねずみのタイタニックを観て『ママ、これ凄い面白い』となり
『タイタニック見ようよ』となり
確か最初はレンタルで子供と一緒に観たと思います。

でもその時の感想は
『あぁ〜これは劇場で観るべき映画だったわぁ・・・』
子育てしていた自分を呪いましたわぁ。

シネコン全盛は終えたものの
今の時代リバイバル上映等あまり無く
大きなスクリーンでタイタニックを観る事は
今後おそらくは無いだろうと思って居たので
本当に鑑賞出来て良かったです。

個人的には平面だろうが立体だろうがそんな事はもうどうでも!!

地上波でもケーブルでも何度も流れているし
【中古DVD】【5000円以上送料無料】タイタニック アルティメット・エディション [30万セット限...
こちらのバージョンも持って居たのでストーリーは了解済み。

でも何故かプロローグで撃沈されました。

これから悲運の物語が始まると思ったら
何だか切なくなってしまったのです。

しかし折角劇場公開されてるんだから
しっかり観ないとと気持ちを新たに
画面に釘付けになりました。

印象に残るのは何度観てもキャルの執着
ジャックと同様彼もまたローズを思う気持ちは一緒だと
愛する気持ちは同じなんだと思えて
なんだかキャルが滑稽にも可哀想に思えます。

ジャックとローズを中心に捉えるのではなくて
何故かキャルの人間性がもう少し柔和ならとか
キャルという人間がローズを愛する方向性を間違えなければとか
嫌な奴と言う印象が拭えない彼の心情を
妙に慮って仕舞うのです。

でも所詮身分違いの恋は生有る限り
良い結果には導かれないと相場が決まっているので
タイタニックはこれで良かったんだと思うのです。

とにかく感想はスケール感を楽しみたかったので
とにかく良かったの一言です。


余談・・・・・・・。

おそらくは二度目の3D仕立て鑑賞組と思われる
昔のお嬢様系が多かった事。

このお嬢様系とにかく煩いんですよね。

私よりお嬢様です。

コマーシャル中から『ぺちゃくちゃどひゃぁ〜』
しゃべるシャベルショベル耕作機械並みに煩い。

ここぞハイライトって場面ではこれまた
評論批評批判回想・・・・・・
もうなんだか知らないけど
とにかくぼそぼそと延々にしゃべり続ける。

とっても迷惑なんですけど。


何時もはオンラインで席予約をするんですが
この日はタイタニック上映も残すところ数日で
なんとか観たいけど時間が間に合わないかもと思い
直接劇場でチケットを取る事にしました。

劇場のチケット確認画で
最後列のど真ん中を陣取る方がありまして
『この人タイタニックか、レオ様ファンなんだろうな』と
そんな風に思いながら私は最後列通路側を取りました。

しかし、この方も私より派手に撃沈。

最初の方では気が付きませんでしたが
私はストーリーは解って居るし
途中でお手洗いに一旦席を立つ場面を
大体のところで決めてました。

戻ってからの流れはそろそろ
船も傾き皆大わらわの場面辺りなのですが
レオ様が手錠で括られる辺りから
しくしくと、鼻水をすする音が絶え間なく
結局最後まで泣いてました。

大好きなんだなとあらためて思いました。

私は劇場鑑賞はエンドロールまで観て
明かりが付いてから出ると決めて居るので
最後まで居ましたが、その方は
エンドロールの途中で目頭抑えながら
出て行かれました。

でも本当に良かったです。

この方の感想も私のように劇場でって感想




タグ:TAITANIC 3D
posted by 劇場ママレディースday at 19:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。